多摩川の渡し舟<尾山台>

公開日: 更新日:

 世田谷の尾山台に住んで20年近い知人に街の雰囲気を聞くと、「こぢんまりとして、居心地がいい」という答えが返ってきた。商店街では年に数回、盆踊りや路上ライブが行われているし、多摩川に出れば、「自然が残っている」と少し自慢げだ。ただ、商店街は後継者不足もあって閉める店がぽつぽつ増えており、以前ほどの活気は薄れてきているという。

 春の陽気に誘われ、その尾山台へ。多摩川に向かって歩を進めてみる。まさに汗ばむ陽気だが、街路樹の青葉がすがすがしい。

 田園調布雙葉小学校を左手に見ながら横をすり抜けると、今度は右に東京都市大の世田谷キャンパスが見えてくる。東京都市大といってもなじみが薄いだろうが、09年までは武蔵工業大を名乗っていた大学だ。

 ここを越えた途端、風が変わったように感じる。多摩川の心地良い風が顔を洗うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る