日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最強ビジネスツールになった「LINE」 デキる男の使い方

 4月1日に全世界で利用者が4億人を突破したLINE。MMD研究所の調査によれば、仕事で使うサラリーマンがすでに4割を突破(43.3%)し、フェイスブックの29.6%を上回った。

 家族やキャバクラ嬢、不倫相手とのお遊びアプリだと思ったら大間違い。上手に使えば、電話とメールがメーンだった働き方が、ガラリと変わる可能性もある。

 LINEを仕事で使うなら、まずはアプリ内に「グループ」をつくること。メッセージのやりとりは、「グループ」に招待されたメンバーにしかできない仕組みだ。部署を横断してプロジェクトに参加するなら、事案ごとにグループをつくるのも手だ。

 PCメールのメーリングリストと同じだが、堅苦しくないのがLINEのメリットだ。「LINEは、わざわざ電話やメールをするほどでもない、ちょっとした意思疎通にピッタリのアプリです」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事