日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

増税後価格下落もさらに安くなる? GWの「買い」と「待ち」

 消費増税から1カ月、駆け込み需要の反動で、さまざまな商品の価格が増税前より下がっているなんてニュースがちらほら。GW後半4連休が狙い目と、買う気満々の消費者もいるが、すべてがお買い得とは限らない。

■白物家電は「待ち」

 冷蔵庫と洗濯機は、6月まで待つとさらに値が下がる。どちらも新モデルが出るのは8~10月だし、サイズが大きく保管できる在庫数も限られるため、旧機種と新機種が併売されることがない。「夏に入れば旧機種を売り切ってしまいたい」(量販店店員)が本音なのだ。

「価格.com」も4月中旬、大型家電について<5月の連休明けから5月末くらいには、いっそうの価格下落が起こることも考えられ、その頃には現在の販売価格より10%ほどの下げも期待できる>とリポートしている。

 ただし、例年は冷房需要が終わる9月下旬が底値のエアコンは、今年だけは例外かも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事