達人が伝授 消費増税分を取り戻す「懸賞」の極意は“一通入魂”

公開日:  更新日:

 消費増税分を取り返そうとせっせとポイントやマイルをため、クーポン雑誌やサイトに目を通しても追いつかなければ、「オマケ」だ。当たるも八卦(はっけ)の懸賞もある。その“達人”が「懸賞大好きホームページ」を運営する小島かつら氏。懸賞歴23年で、当選総額2000万円以上だという。早速、極意を聞いた。

「メーカーなどは新製品を出すタイミングで、サンプリング目的で数千人対象の懸賞をよく行っています。愛用している商品があるなら、発売元のメルマガに登録しておくと、ほぼ毎週のように懸賞情報が載っている。企業のSNSでも懸賞情報が配信されていて、申し込むとすぐに当落が分かるものもあります」

 お目当ての企業をフォローしておけば、お得な情報が入ってくる。テレビやラジオの懸賞も狙い目だという。

「今は春の番組改編期。ドラマの原作本やロケ地めぐりの旅行の懸賞もあります。地デジになって『dボタン』を押すだけなど、応募も手軽になっている。わざわざハガキを書かなくても、スマホで応募できる懸賞もたくさんありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る