• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

だれもがうまくなれる歌の教室<池尻大橋>

 貸本研究をしている知人が身近にいるので、その影響で貸本屋が気になる。池尻大橋の商店街で一番最初に目に付いたのも「貸本屋」だった。
「ゆたか書房って知ってるか?」とくだんの知人に電話すると、「『貸本屋のぼくはマンガに夢中だった』の著者、長谷川裕さんの店だよ。60年くらいの歴史がある店で、今は叔父さんがやっているよ」と即答。えっちゃんという名物おばあちゃんがかつていて、貸本時代の水木しげる作品などを裕少年にすすめたのだとか。

 三宿が近く、オシャレな界隈でありながら、濃い店がある。貸本屋もそうだが、カメラマンが246号沿いで発見したのが「スポーツ、マッサージ感覚 不可能を可能にする教室 レッスンのつけ方が特殊」という手書きの張り紙が目立つスナック。昼はマンツーマンの歌の教室になるらしい。

「この地で26年、600万回ほど(?)レッスンしたけど、うまくならなかった人はだれもいない! 手を使って足を使って全身運動! そうじゃないと声が出ない! 歌はフォームと姿勢ですよ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る