だれもがうまくなれる歌の教室<池尻大橋>

公開日: 更新日:

 貸本研究をしている知人が身近にいるので、その影響で貸本屋が気になる。池尻大橋の商店街で一番最初に目に付いたのも「貸本屋」だった。
「ゆたか書房って知ってるか?」とくだんの知人に電話すると、「『貸本屋のぼくはマンガに夢中だった』の著者、長谷川裕さんの店だよ。60年くらいの歴史がある店で、今は叔父さんがやっているよ」と即答。えっちゃんという名物おばあちゃんがかつていて、貸本時代の水木しげる作品などを裕少年にすすめたのだとか。

 三宿が近く、オシャレな界隈でありながら、濃い店がある。貸本屋もそうだが、カメラマンが246号沿いで発見したのが「スポーツ、マッサージ感覚 不可能を可能にする教室 レッスンのつけ方が特殊」という手書きの張り紙が目立つスナック。昼はマンツーマンの歌の教室になるらしい。

「この地で26年、600万回ほど(?)レッスンしたけど、うまくならなかった人はだれもいない! 手を使って足を使って全身運動! そうじゃないと声が出ない! 歌はフォームと姿勢ですよ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る