49型6・5万円! 中国製「4Kテレビ」襲来に国内勢は?

公開日: 更新日:

崖っぷちソニーにトドメか

 家電業界は真っ青になっているのではないか。とくに、ソニーにとってはトドメになるかもしれない。中国の家電メーカー「シャオミ」が、激安の「4Kテレビ」を販売すると発表したからだ。

 49型テレビが6万5000円というから、30万円前後で売られている日本製品の5分の1の値段である。

「4Kテレビ」は、出口が見えない日本のテレビ事業にとって、唯一の明るい材料。昨年6月に「1インチ1万円」クラスの4Kテレビが発売されると、いきなり売れ始めた。とくにソニーは、国内の4Kテレビ市場の約7割のシェアを握っている。

「日本政府にとっても家電業界にとっても、4Kテレビは、テレビ事業を復活させる起死回生の切り札です。まだテレビ局が“4K対応”の放送をスタートさせていないため、4Kテレビの実力が十分に発揮されていませんが、4K放送が始まったら、ほとんどのユーザーは4Kテレビに買い替えるでしょう。それほど映像に違いがある。アナログから地デジに切り替わった時のように、凄まじい買い替え需要が発生すると思う。4Kテレビの技術は、日本メーカーが大きく先行している。再び日本企業が世界のテレビ市場を席巻する可能性があるのです」(ビジネス誌「月刊BOSS」発行人の関慎夫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る