57年ぶり大リニューアル ロッテ「グリーンガム」の強さ

公開日:  更新日:

 1957年の発売以来、日本の板ガム市場を牽引してきたロッテの「グリーンガム」が今年4月、57年ぶりの大リニューアルを実施。早くも好調な動きを見せている。

 目指したのはブランドの再活性化だ。雑味が少なく、フレッシュなミントの香りが楽しめる「初摘みミント」をミントオイルに用いて、品質を大幅に刷新した。

「従来のファンを大事にしつつ、さらに幅広い購買層を開拓するための全面刷新。長く支持されるロングセラー商品を変えるのは大きなチャレンジだったが、原点に立ち返り、ペパーミント本来のさわやかなおいしさを追求した」(ガム企画室の福田貴司氏)

 グリーンガムは57年に、クロロフィル(葉緑素)とペパーミントを加えたエチケットガムとして誕生した。風船ガムが主流の時代に、息スッキリをアピールした大人向けの板ガムは、デートを楽しむ若者の間で爆発的な人気を呼んだ。大きく伸びたのは、70年代から90年代にかけて。甘さを抑えたり、味が長持ちする工夫など品質の進化を重ねたことで急成長を続けた。だが、時代とともにニーズは変わるもの。やがて市場は、歯の健康に役立つなどの機能性をうたった粒ガムの時代に突入する。ロッテも97年に「キシリトールガム」を発売しヒット。これによりグリーンガムの勢いは停滞へ。こうした流れが今回のリニューアルにつながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る