57年ぶり大リニューアル ロッテ「グリーンガム」の強さ

公開日:  更新日:

 1957年の発売以来、日本の板ガム市場を牽引してきたロッテの「グリーンガム」が今年4月、57年ぶりの大リニューアルを実施。早くも好調な動きを見せている。

 目指したのはブランドの再活性化だ。雑味が少なく、フレッシュなミントの香りが楽しめる「初摘みミント」をミントオイルに用いて、品質を大幅に刷新した。

「従来のファンを大事にしつつ、さらに幅広い購買層を開拓するための全面刷新。長く支持されるロングセラー商品を変えるのは大きなチャレンジだったが、原点に立ち返り、ペパーミント本来のさわやかなおいしさを追求した」(ガム企画室の福田貴司氏)

 グリーンガムは57年に、クロロフィル(葉緑素)とペパーミントを加えたエチケットガムとして誕生した。風船ガムが主流の時代に、息スッキリをアピールした大人向けの板ガムは、デートを楽しむ若者の間で爆発的な人気を呼んだ。大きく伸びたのは、70年代から90年代にかけて。甘さを抑えたり、味が長持ちする工夫など品質の進化を重ねたことで急成長を続けた。だが、時代とともにニーズは変わるもの。やがて市場は、歯の健康に役立つなどの機能性をうたった粒ガムの時代に突入する。ロッテも97年に「キシリトールガム」を発売しヒット。これによりグリーンガムの勢いは停滞へ。こうした流れが今回のリニューアルにつながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る