W杯で注目「ラテンファッション」 大胆に着崩すのが醍醐味

公開日:  更新日:

 サッカーW杯ブラジル大会も大詰め。アパレル業界でもラテン系ファッションが大盛り上がりです。そもそも「ラテン」とは古代ローマ帝国の公用語・ラテン語を使っていた国や民族のこと。スペインやポルトガルもそのひとつで、同国に植民地化された中南米の国々はラテンアメリカと呼ばれるようになりました。

 さて、ラテンファッションですぐ思い浮かぶのは、とにかく派手なコスチューム。ラテン音楽家のパラダイス山元さんが着ている、袖にフリルが入ったマンボシャツとかルンバシャツと呼ばれるシャツは正式には「ラッフル(ヒダ飾り)シャツ」といいます。もともと入植して来たスペイン人が16世紀ごろに着ていたもので、暑い気候や情熱的で派手好みな気風にマッチ。いまだにカーニバルの衣装などで健在です。

■大胆かつセクシーに着崩す

 メキシカンファッションの象徴である「ソンブレロ」帽も、スペインはコルドバ地方の帽子が発祥です。しかし、今となってはメキシコしか思い浮かびません。つまりは、ポルトガルやスペインなど宗主国の“歴史上一番派手だった頃の服”が定着し、独自の気候風土の中でより薄くセクシーに進化したのが、ラテンファッションといえましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る