W杯で注目「ラテンファッション」 大胆に着崩すのが醍醐味

公開日:  更新日:

 サッカーW杯ブラジル大会も大詰め。アパレル業界でもラテン系ファッションが大盛り上がりです。そもそも「ラテン」とは古代ローマ帝国の公用語・ラテン語を使っていた国や民族のこと。スペインやポルトガルもそのひとつで、同国に植民地化された中南米の国々はラテンアメリカと呼ばれるようになりました。

 さて、ラテンファッションですぐ思い浮かぶのは、とにかく派手なコスチューム。ラテン音楽家のパラダイス山元さんが着ている、袖にフリルが入ったマンボシャツとかルンバシャツと呼ばれるシャツは正式には「ラッフル(ヒダ飾り)シャツ」といいます。もともと入植して来たスペイン人が16世紀ごろに着ていたもので、暑い気候や情熱的で派手好みな気風にマッチ。いまだにカーニバルの衣装などで健在です。

■大胆かつセクシーに着崩す

 メキシカンファッションの象徴である「ソンブレロ」帽も、スペインはコルドバ地方の帽子が発祥です。しかし、今となってはメキシコしか思い浮かびません。つまりは、ポルトガルやスペインなど宗主国の“歴史上一番派手だった頃の服”が定着し、独自の気候風土の中でより薄くセクシーに進化したのが、ラテンファッションといえましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る