W杯で注目「ラテンファッション」 大胆に着崩すのが醍醐味

公開日: 更新日:

 サッカーW杯ブラジル大会も大詰め。アパレル業界でもラテン系ファッションが大盛り上がりです。そもそも「ラテン」とは古代ローマ帝国の公用語・ラテン語を使っていた国や民族のこと。スペインやポルトガルもそのひとつで、同国に植民地化された中南米の国々はラテンアメリカと呼ばれるようになりました。

 さて、ラテンファッションですぐ思い浮かぶのは、とにかく派手なコスチューム。ラテン音楽家のパラダイス山元さんが着ている、袖にフリルが入ったマンボシャツとかルンバシャツと呼ばれるシャツは正式には「ラッフル(ヒダ飾り)シャツ」といいます。もともと入植して来たスペイン人が16世紀ごろに着ていたもので、暑い気候や情熱的で派手好みな気風にマッチ。いまだにカーニバルの衣装などで健在です。

■大胆かつセクシーに着崩す

 メキシカンファッションの象徴である「ソンブレロ」帽も、スペインはコルドバ地方の帽子が発祥です。しかし、今となってはメキシコしか思い浮かびません。つまりは、ポルトガルやスペインなど宗主国の“歴史上一番派手だった頃の服”が定着し、独自の気候風土の中でより薄くセクシーに進化したのが、ラテンファッションといえましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る