空前の人手不足で民間人“引き抜き” 公務員に転職チャンス

公開日: 更新日:

 官による民間人材の“引き抜き”が活発だ。東京都は今年、キャリア活用採用(社会人)枠を昨年の110人から138人に増やした。どの自治体も人手不足は似たり寄ったりの状況だから、今なら簡単に公務員になれそうだ。

 公務員は今、空前の人手不足。数年前の採用手控えに加え、今年は民間企業の採用増加で学生応募者が集まらないのだ。
 例えば、青森県の来春の採用予定数(大卒程度)は121人。これに対し、先日の1次試験を受けた学生は646人だけだった。そのため多くの官公庁が社会人採用枠を増やし、人手不足をカバーしようとしている。
 景気が良ければ、学生たちは民間に流れるが、社会人ならこの景気が、一過性のものであることを知っている。やはり寄らば大樹で、リストラの影におびえ、激しい出世競争に疲れた人は、少し勉強して公務員に転職してみるのもいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る