昭文社「山と高原地図」に隠された数々の裏ワザ

公開日: 更新日:

「MAPPLE」「ことりっぷ」など地図・ガイドブックを約830点出版。地図といえば、昭文社だ。地図編集課の中島辰哉さん(38)は、民間の発行としては唯一の山地図「山と高原地図」の編集担当者。入社以来11年間、これ一筋のベテランだ。

「以前は食品会社で働いていたんですが、大好きな山の魅力をアピールする仕事をしたくて、転職しました」

 今年50周年を迎えた「山と高原地図」には、目に見えない裏ワザが多数織り込まれている。たとえば……、

「まずは緻密な実地調査です。全59冊、都合1500余りの山のルートを紹介していますが、山道は雨で崩れたり、閉鎖されたりしがちなので、最低でも数年に1度、百名山レベルなら1年に1度は、調査員が実際に歩いてチェックします。調査した情報を原稿としてまとめるのは秋ぐらいなのですが、その頃に大きな台風が来ると、土砂崩れで道が閉鎖されたりしないか、ヒヤヒヤしますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る