家庭で簡単本格「Cook Do」は“大皿”狙いでファン拡大

公開日:  更新日:

 味の素の「Cook Do」(クックドゥ)は、メニュー用調味料のロングセラーだ。柔軟なアプローチで今も成長期。新たな基幹品種の育成、和風シリーズの好調により、ブランド全体の売り上げは直近3年間で約140%と過去最大の伸びを見せている。

 Cook Doといえば中華。1978年の発売当初から「簡単本格」を訴求し家庭でシェフの味が楽しめる中華メニュー調味料として普及してきた。圧倒的な認知度で常に好調な印象だが、実は低迷期もあった。

 直近では00年代後半。深刻な伸び悩みだった。そこで11年に方針をチェンジ。一番の主力だった「青椒肉絲(チンジャオロウスー)」に加えて、より簡単につくれる「回鍋肉(ホイコーロウ)」を新たな基幹品種に選び、広告も刷新した。

「当時、もやしメニューや軽めの和風メニューがウケていたことから、本格中華で押すだけではダメ。“簡単でおいしいおかず”という価値があると考えた」(食品事業本部の中島広数氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る