会場、プラン、料金…大手参入で「葬祭サービス」が変わった

公開日: 更新日:

 葬儀は、遺族や親族、関係者などが斎場に集まって故人を弔う儀式。それは、地元の中小葬儀社に任せるのが一般的だった。しかし、大手企業の参入が相次いでいて、サービス内容が変わっている。最前線を探った。

 東京や名古屋、大阪などの都市部では、マンション住まいの人が増えている。そういう人に受けているのが、“ゲストハウス型葬儀”だ。葬祭大手ニチリョクは、東京都練馬区と横浜市西区にある邸宅のリビングで家族葬ができるプランを用意している。

「最近の主流は家族葬で、葬儀後は親しい家族のみで故人を囲み、自宅のような雰囲気で見送りたいという要望が非常に多い。つまり、昔ながらの自宅での通夜のスタイルです。ところが、マンションでは難しいし、斎場だと大掛かりになる。そこで、4年前に邸宅でのプランを用意。1日1組限定の貸し切りなので、<ほかの家を気にせず、疲れることなく、家族でゆったりと見送りができた>と好評です」(営業企画部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  6. 6

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  9. 9

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る