• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

費用が全国で大幅下落 様変わりする「葬儀」

「現代葬儀考」という著書が話題になっている。著者でジャーナリストの柿田睦夫氏が、旧来の葬儀形式が大きな変化を見せ始めている背景をこう分析する。

「2000年を境に葬式の形式が多様化してきました。理由は、貧富の格差が広がり、葬儀の出来ない人が増えたこと。あわせて葬儀業者の競争が激しくなり、格安競争が始まったこと。また、葬儀そのものの価値観についても見直されてきたことです」

 実際、「日本消費者協会」が発表した「葬儀についてのアンケート調査」の結果は衝撃的だ。この15年間で、「葬儀費用が163万円も下落」したのは山梨、長野、岐阜、静岡、愛知。埼玉、東京、神奈川の地域は「128万円の下落」。東北6県は「89万円の下落」で、全国平均でこの15年間、48万円も減少した。

 また、「葬儀をした場所」も大きく変わった。「自宅」6.3%(19.4%=15年前、以下同)。「葬儀専門式場」81.8%(56.1%)、「寺院、教会」7.6%(16.4%)、その他になっている。葬式の形式については、「仏式葬儀」91.5%(95.2%)、「無宗葬儀」4%(0.9%)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る