相場より安いが家賃保証 自治体仲介でマイホームを貸す

公開日:  更新日:

 中堅メーカーに勤める佐藤淳也さん(仮名=53歳)は相続を機に、東京・武蔵野市にマイホームを建てた。四季折々の花に囲まれた家がお気に入りだった。
 ところが、2度目の中国への転勤が決まり、定年まで帰国の予定がなくなった。
 子供は既に独立、妻は今回は淳也さんについて中国に行くことを決意、マイホームをそのまま空き家にして残すか、賃貸にするか、早急に決める必要がある。

 実は佐藤さんの会社には、転勤する社員の家を会社が借り上げ、別の社員に貸し出すという制度がある。ところが、この制度は意外にも社員の評判が悪かった。家を貸した社員が大事にしていた床の間や欄間、鴨居を借り手の社員の家族が傷つけたり、植木を枯らすことがあったからだ。
 しかし、家を傷つけた相手は同じ会社の社員。今後の人間関係を考えれば文句は言いづらい。自然と怒りが陰湿になってしまうという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る