ローン金利“5000年ぶり”低水準 マイホームは買いどきか

公開日:  更新日:

 マイホームを考えているサラリーマンにとって、大チャンスかも知れない。大手銀行が9月から、住宅ローン金利を過去最低水準まで一斉に引き下げるからだ。

 三菱東京UFJとみずほ銀行は10年固定型を0・1ポイント下げて年1・2%に。三井住友信託も0・05ポイント下げて年1%にする。住宅金融支援機構の全期間固定ローン「フラット35」も8月の適用金利が1・69%と過去最低を更新した。

 日本生命で長年、債券ディーリングに携わった「ネクスト経済研究所」の斉藤洋二代表が言う。

「長期金利の指標となる日本の10年国債の利回りは、現在0・5%前後。これは金利が生まれたメソポタミア文明以来、5000年ぶりの低水準です。しかし、こんな異常事態はいつまでも続かないでしょう。米FRBのイエレン議長も、日銀の黒田総裁も出口戦略を血眼になって探しています。実際に『出口』を口にした途端、債券バブルははじけ、金利が急騰する可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る