本田望結ちゃんも通学中 二子玉川で「幼児教室戦争」勃発

公開日: 更新日:

 代々木ゼミナールが全国に展開する校舎の7割に当たる19校を閉鎖すると発表した。ピーク時の92年に41万人だった浪人生が、昨年は7分の1の6万人に激減したことが大きく響いた。こうした児童生徒数の減少の一方で、二子玉川駅周辺でいま、幼児教室戦争が過熱している。

 子供の教育費が家計の重い負担になる中、ハイハイもできない0歳児から子供の教育にせっせと大金を投じる裕福な家庭がある。毎年、「住みたい街」ランキングの上位に選ばれるニコタマ、「東急・二子玉川駅」周辺は、とくに幼児教育の激戦区だ。

 駅周辺にはNHKなどマスコミ関係者が多く住み、沿線にも有名企業勤務の住人が多い。とりわけ、エリート社員夫婦は、子供の教育には重大な関心を持っている。

 大阪産業大客員教授の八幡義雄氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る