本田望結ちゃんも通学中 二子玉川で「幼児教室戦争」勃発

公開日:  更新日:

 代々木ゼミナールが全国に展開する校舎の7割に当たる19校を閉鎖すると発表した。ピーク時の92年に41万人だった浪人生が、昨年は7分の1の6万人に激減したことが大きく響いた。こうした児童生徒数の減少の一方で、二子玉川駅周辺でいま、幼児教室戦争が過熱している。

 子供の教育費が家計の重い負担になる中、ハイハイもできない0歳児から子供の教育にせっせと大金を投じる裕福な家庭がある。毎年、「住みたい街」ランキングの上位に選ばれるニコタマ、「東急・二子玉川駅」周辺は、とくに幼児教育の激戦区だ。

 駅周辺にはNHKなどマスコミ関係者が多く住み、沿線にも有名企業勤務の住人が多い。とりわけ、エリート社員夫婦は、子供の教育には重大な関心を持っている。

 大阪産業大客員教授の八幡義雄氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る