本田望結ちゃんも通学中 二子玉川で「幼児教室戦争」勃発

公開日: 更新日:

 代々木ゼミナールが全国に展開する校舎の7割に当たる19校を閉鎖すると発表した。ピーク時の92年に41万人だった浪人生が、昨年は7分の1の6万人に激減したことが大きく響いた。こうした児童生徒数の減少の一方で、二子玉川駅周辺でいま、幼児教室戦争が過熱している。

 子供の教育費が家計の重い負担になる中、ハイハイもできない0歳児から子供の教育にせっせと大金を投じる裕福な家庭がある。毎年、「住みたい街」ランキングの上位に選ばれるニコタマ、「東急・二子玉川駅」周辺は、とくに幼児教育の激戦区だ。

 駅周辺にはNHKなどマスコミ関係者が多く住み、沿線にも有名企業勤務の住人が多い。とりわけ、エリート社員夫婦は、子供の教育には重大な関心を持っている。

 大阪産業大客員教授の八幡義雄氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る