一家に1人は医者か公務員 家庭安泰なら教育費「1点集中」

公開日:  更新日:

 NHK朝ドラ「花子とアン」は、「赤毛のアン」の翻訳者で知られる村岡花子の生涯を描いたものだ。甲府の貧しい小作農に生まれ、きょうだいは自分も含めて8人。だが、彼女の才能に気付いた父親が奔走し、10歳で東京の東洋英和女学校に編入学させた。きょうだいで高等教育を受けたのは彼女ひとり。いわば、親は一点集中で彼女に教育投資したことになる。

 昔は、どこの家庭でもそうだが、すべての子にまんべんなくお金をかけることはできなかった。

 ところが、才能のある兄弟はいるわけで、都会に出て医者や弁護士、国家公務員などで成功し、その暁には、甥っ子や姪っ子を東京に呼んで書生として預かり、教育の再投資をしたものだ。村岡花子もまさに同じで、後に次妹の娘を養子として迎え、その娘をやがて翻訳家として独立させた。

 現在、子供の教育は平等がいいとされる。しかし、この考えは効率的とは言えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る