一家に1人は医者か公務員 家庭安泰なら教育費「1点集中」

公開日: 更新日:

 NHK朝ドラ「花子とアン」は、「赤毛のアン」の翻訳者で知られる村岡花子の生涯を描いたものだ。甲府の貧しい小作農に生まれ、きょうだいは自分も含めて8人。だが、彼女の才能に気付いた父親が奔走し、10歳で東京の東洋英和女学校に編入学させた。きょうだいで高等教育を受けたのは彼女ひとり。いわば、親は一点集中で彼女に教育投資したことになる。

 昔は、どこの家庭でもそうだが、すべての子にまんべんなくお金をかけることはできなかった。

 ところが、才能のある兄弟はいるわけで、都会に出て医者や弁護士、国家公務員などで成功し、その暁には、甥っ子や姪っ子を東京に呼んで書生として預かり、教育の再投資をしたものだ。村岡花子もまさに同じで、後に次妹の娘を養子として迎え、その娘をやがて翻訳家として独立させた。

 現在、子供の教育は平等がいいとされる。しかし、この考えは効率的とは言えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  5. 5

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  6. 6

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  7. 7

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    【Q】浴室で腐乱も…まわりに孤独死した人が何人もいます

  10. 10

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る