9月は“食品”が狙い目 おいしい株主優待「厳選24銘柄」

公開日:  更新日:

 いま株式投資を考えている個人投資家は、9月確定の株主優待を見逃してはもったいない。

「上場企業の330社以上が株主優待を実施するだけに、魅力的な内容が目立ちます」(市場関係者)

 買い物券や食事券、カタログギフト、化粧品など多彩だが、9月優待は食品を狙うべきだ。消費増税や便乗値上げで、物価は急上昇。生活防衛には食品をゲットするのが一番だ。

 日立系商社の八洲電機は投資金額5万6800円(12日終値ベース)で1000円相当の喜多方ラーメンがもらえる。デリカフーズは9万5700円で1500円相当の野菜だ。

 葬祭関連のティアや、計測用記録を手掛ける国際チャート、保育園運営のJPホールディングスなどはコメが送られてくる。長期保存が可能なパンで知られるコモは自社製パン。そのほかハムや讃岐うどん、海産物、コーヒー、ジャム、レトルト食品……これだけあったらかなり助かるが、投資金額がかさんではつらいので、40万円以下で買える24銘柄を厳選した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る