夏場より警戒心薄れ…秋に急増 食中毒はこれからが本番だ

公開日: 更新日:

 台風は気になるが、いよいよ3連休。「家族でバーベキューでも」なんて計画しているオトーサンは注意した方がいい。夏場に多いと思いがちな「食中毒」は、これからが本番。実は、10月が一番危ないのだ。

 厚労省によると、“食中毒事件”は昨年、全国で931件発生。月別では、3月と10月が93件で最も多かった。ちなみに7月は58件、8月は72件だ。一昨年も10月は112件で、12月の151件に次ぐ。10月は“当たり月”なのだ。
 ひと口に「食中毒」といっても、原因はいろいろあって、細菌やウイルス性のものもあれば、寄生虫、自然毒にやられるケースもある。
 だんだん涼しくなってきたから、「細菌やウイルスは心配ない」は早計だ。昨年10月に発生した93件中46件は、それらが原因だった。

■10月は魚介類とキノコ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る