ワンオペは続いていた…「すき家」従業員が明かす過酷実態

公開日:  更新日:

 接客から調理、片付けまでを1人で行う「ワンオペ」を廃止すると表明していた牛丼チェーン大手の「すき家」。ところが、ワンオペは続いていた。

 市民団体「ブラック企業対策プロジェクト」が15日、“抜き打ち調査”の結果を公表した。先週11日の深夜1時から5時まで、プロジェクトメンバーや有志が全国83店舗を来店調査。その結果、「ワンオペ」を続けているのが2店舗、シフトに2人入っていても1人が休憩中、店を回しているのが店員1人の「実質的ワンオペ」は16店舗、閉店が4店舗だったという。

■調理法は大手Q&Aサイトで検索

 ワンオペ経験のある勤務歴数カ月の現役従業員がこう言う。
「バイトを始めて3日間は、“研修”としてレジ打ちの練習や座学のみでした。4日目から、店舗に入り、調理に携わります。店舗に入って5日目には、ワンオペを任されましたが、メニューすら覚えきれていない状況。メニューの写真を見たり、ヤフー知恵袋で作り方を検索して作っていました。大変なのは、新メニューをしょっちゅう出すことです。メニューを把握していない店員がワンオペに入るため当然、調理に時間がかかります。店内には自分しかいないので誰にも聞けませんし。酔っぱらい客のクレームに対応しつつ、お客さんは次々来るし、食器洗い機に皿を乗せる暇もない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る