• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワンオペは続いていた…「すき家」従業員が明かす過酷実態

 接客から調理、片付けまでを1人で行う「ワンオペ」を廃止すると表明していた牛丼チェーン大手の「すき家」。ところが、ワンオペは続いていた。

 市民団体「ブラック企業対策プロジェクト」が15日、“抜き打ち調査”の結果を公表した。先週11日の深夜1時から5時まで、プロジェクトメンバーや有志が全国83店舗を来店調査。その結果、「ワンオペ」を続けているのが2店舗、シフトに2人入っていても1人が休憩中、店を回しているのが店員1人の「実質的ワンオペ」は16店舗、閉店が4店舗だったという。

■調理法は大手Q&Aサイトで検索

 ワンオペ経験のある勤務歴数カ月の現役従業員がこう言う。
「バイトを始めて3日間は、“研修”としてレジ打ちの練習や座学のみでした。4日目から、店舗に入り、調理に携わります。店舗に入って5日目には、ワンオペを任されましたが、メニューすら覚えきれていない状況。メニューの写真を見たり、ヤフー知恵袋で作り方を検索して作っていました。大変なのは、新メニューをしょっちゅう出すことです。メニューを把握していない店員がワンオペに入るため当然、調理に時間がかかります。店内には自分しかいないので誰にも聞けませんし。酔っぱらい客のクレームに対応しつつ、お客さんは次々来るし、食器洗い機に皿を乗せる暇もない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る