• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プレート、ペンダントなど続々 利用者増で「手元供養」が話題

 先日、NHK「おはよう日本」が“手元供養”を取り上げたことで、改めて手元供養に関心が高まっている。

 手元供養とは「お墓を建てたいが高くて買えない」「すでに墓はあるが、遠方のため気軽にお参りできない」といった人のために、遺骨を自宅においておく方法。「え、墓地に埋めなくても違法じゃないの?」という疑問がわくが、現在の墓地埋葬法によれば、適切に死亡届が出され、火葬された遺骨であれば、墓地に埋葬しようがしまいが自由なのだそうだ。日本でも近年、利用者が増えているという。

 NHKが取り上げたのは、遺骨をセラミックで固めて横20センチ、縦10センチ程度のプレート状にしたものだが、他にもいろいろあるわあるわ。

 遺骨をペンダントに入れたものや、ミニ骨壷に入れたもの、遺骨を固めて仏像状にしたものや、インテリアとしても有用なオブジェにしたものなど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る