押し買いトラブル続出 新資格「遺品査定士」って?

公開日: 更新日:

 1950年から80年代後半まで年間の死亡者数は約70万人前後で推移していた。ところが、高齢化社会が進むにつれて、年間の死亡者数が急増。2000年代に入って100万人を突破し、昨年は123万人(厚労省統計)と、戦後最高の死亡者数を記録した。

 身内が亡くなれば、まず葬儀を手配しなければならない。他方、遺産相続問題なども浮上し、加えてもうひとつ、遺族は「遺品の整理」という難題を抱え込むことになる。
 故人が使用していた衣服類、寝具類、家具。あるいは貴金属、家電製品、骨董品、ブランド品、古美術品、ホビー品…。

 一時期、香典泥棒という悪質な事件が頻発した。だが近年、この遺品の買い取りを目的にした訪問が横行しているという。

「価格に無知なおばあちゃんなどを相手にしてテレビ、掛け軸、タンスなどひとまとめで、<買い取りは5000円です>と言って全部引き取ってしまう。もし、その中に高価な品物が入っていたら、これは人を欺いて不法な利益を挙げる行為で、刑法246条の詐欺罪に該当するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る