• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

押し買いトラブル続出 新資格「遺品査定士」って?

 1950年から80年代後半まで年間の死亡者数は約70万人前後で推移していた。ところが、高齢化社会が進むにつれて、年間の死亡者数が急増。2000年代に入って100万人を突破し、昨年は123万人(厚労省統計)と、戦後最高の死亡者数を記録した。

 身内が亡くなれば、まず葬儀を手配しなければならない。他方、遺産相続問題なども浮上し、加えてもうひとつ、遺族は「遺品の整理」という難題を抱え込むことになる。
 故人が使用していた衣服類、寝具類、家具。あるいは貴金属、家電製品、骨董品、ブランド品、古美術品、ホビー品…。

 一時期、香典泥棒という悪質な事件が頻発した。だが近年、この遺品の買い取りを目的にした訪問が横行しているという。

「価格に無知なおばあちゃんなどを相手にしてテレビ、掛け軸、タンスなどひとまとめで、<買い取りは5000円です>と言って全部引き取ってしまう。もし、その中に高価な品物が入っていたら、これは人を欺いて不法な利益を挙げる行為で、刑法246条の詐欺罪に該当するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る