ドイツ人心理学者指摘 日本人女性の「出世」を阻む3つの要因

公開日:  更新日:

 2020年までに女性管理職3割を目指す安倍首相。ところが、女性の多くは男性より出世で後れを取っている。能力の問題なのか、それとも意欲が低いのか――。ドイツ出身の心理学博士・浦上ヤクリン氏(40=慶応大・多摩大非常勤講師)に聞いた。

 確かにドイツはアンゲラ・メルケルという女性が首相を務めていますが、女性の活用が進んでいるとは言えません。企業に占める女性CEO比率はEUの中でも低く、大企業の役員に限れば3%ほど。北欧諸国はもちろん、フランスにも劣っています。

 私はメルケル首相と同じ旧東ドイツで育ちましたが、東ドイツの女性は仕事を持つのが当たり前だったのに対し、西ドイツは「男は仕事、女は家庭」という意識がまだ残っているのです。

 多くの日本人も、古くからの伝統として「男は仕事、女は家庭」と思い込んでいるようですが、よく考えてみてください。この価値観は、戦後以降のことなのです。それ以前の日本は農業生産が主でしたが、女性はほぼ働いていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る