• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドイツ人心理学者指摘 日本人女性の「出世」を阻む3つの要因

 2020年までに女性管理職3割を目指す安倍首相。ところが、女性の多くは男性より出世で後れを取っている。能力の問題なのか、それとも意欲が低いのか――。ドイツ出身の心理学博士・浦上ヤクリン氏(40=慶応大・多摩大非常勤講師)に聞いた。

 確かにドイツはアンゲラ・メルケルという女性が首相を務めていますが、女性の活用が進んでいるとは言えません。企業に占める女性CEO比率はEUの中でも低く、大企業の役員に限れば3%ほど。北欧諸国はもちろん、フランスにも劣っています。

 私はメルケル首相と同じ旧東ドイツで育ちましたが、東ドイツの女性は仕事を持つのが当たり前だったのに対し、西ドイツは「男は仕事、女は家庭」という意識がまだ残っているのです。

 多くの日本人も、古くからの伝統として「男は仕事、女は家庭」と思い込んでいるようですが、よく考えてみてください。この価値観は、戦後以降のことなのです。それ以前の日本は農業生産が主でしたが、女性はほぼ働いていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る