紙はやっぱり温かい…スマホ画像保存「フォトブック」最前線

公開日: 更新日:

 デジカメやスマートフォンが普及し、写真はデータで保存するのが当たり前。ところが今、厳選した画像を集めて一冊の本に仕上げるフォトブックがブームになっている。デジタル全盛の時代にアナログとは。最前線を探った。

■どうやって作る?

 ネットで「フォトブック」を検索すると、手掛ける業者がいくつも見つかる。主な10社をまとめたのが別表だ。作り方は基本的にどこも同じで、まずネットやスマホのサイトで会員登録する。用意されたデザインから好みを選び、希望のページ数を設定する。表紙から裏表紙まで、ページごとに画像をピックアップすればいい。写真の枚数は人それぞれだが、16ページで50~60枚が一般的。

■画像を選べない

「画像が多過ぎて選べない」という人は、「FUJIFILM Year Album」や「nohana」が便利だろう。前者は、撮影した写真の「期間」と「作製したいページ数」を設定すると、ベストショットを自動的にセレクトしてまとめてくれる。気に入らない写真の差し替えは、もちろん可能。後者は、データベースに写真をアップロードした瞬間、フォトブックの自動編集が始まる。しかも、毎月1冊、無料でもらえる(送料は別)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る