紙はやっぱり温かい…スマホ画像保存「フォトブック」最前線

公開日:  更新日:

 デジカメやスマートフォンが普及し、写真はデータで保存するのが当たり前。ところが今、厳選した画像を集めて一冊の本に仕上げるフォトブックがブームになっている。デジタル全盛の時代にアナログとは。最前線を探った。

■どうやって作る?

 ネットで「フォトブック」を検索すると、手掛ける業者がいくつも見つかる。主な10社をまとめたのが別表だ。作り方は基本的にどこも同じで、まずネットやスマホのサイトで会員登録する。用意されたデザインから好みを選び、希望のページ数を設定する。表紙から裏表紙まで、ページごとに画像をピックアップすればいい。写真の枚数は人それぞれだが、16ページで50~60枚が一般的。

■画像を選べない

「画像が多過ぎて選べない」という人は、「FUJIFILM Year Album」や「nohana」が便利だろう。前者は、撮影した写真の「期間」と「作製したいページ数」を設定すると、ベストショットを自動的にセレクトしてまとめてくれる。気に入らない写真の差し替えは、もちろん可能。後者は、データベースに写真をアップロードした瞬間、フォトブックの自動編集が始まる。しかも、毎月1冊、無料でもらえる(送料は別)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る