一般道の最高速度って時速60キロじゃなかった?

公開日: 更新日:

 運転免許証を取得した人ならご存じだろうが、自動車が制限速度の標識や標示がない一般道路を走る場合の最高速度は、道路交通法施行令で時速60キロと定められている(第3章第11条)。

 ところが実際は、標識や標示によって70キロや80キロに引き上げられている区間がある。「設計速度が時速60キロ以上」「上下線分離」「歩行者・軽車両・原付き自転車は通行止め」などの条件を満たす、自動車の通行機能を重視した構造になっている一部の道路だ。

 そもそも規制速度は指定速度といわれるもので、道交法に基づき、その判断は各都道府県の公安委員会に委ねられている。

 日本で初めて最高速度を80キロに引き上げたのは栃木県だった。2005年11月8日14時から宇都宮市の国道119号(宇都宮北道路)の一部、7.7キロの区間が60キロ→80キロになった。その理由は……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る