一般道の最高速度って時速60キロじゃなかった?

公開日:  更新日:

 運転免許証を取得した人ならご存じだろうが、自動車が制限速度の標識や標示がない一般道路を走る場合の最高速度は、道路交通法施行令で時速60キロと定められている(第3章第11条)。

 ところが実際は、標識や標示によって70キロや80キロに引き上げられている区間がある。「設計速度が時速60キロ以上」「上下線分離」「歩行者・軽車両・原付き自転車は通行止め」などの条件を満たす、自動車の通行機能を重視した構造になっている一部の道路だ。

 そもそも規制速度は指定速度といわれるもので、道交法に基づき、その判断は各都道府県の公安委員会に委ねられている。

 日本で初めて最高速度を80キロに引き上げたのは栃木県だった。2005年11月8日14時から宇都宮市の国道119号(宇都宮北道路)の一部、7.7キロの区間が60キロ→80キロになった。その理由は……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る