日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一般道の最高速度って時速60キロじゃなかった?

 運転免許証を取得した人ならご存じだろうが、自動車が制限速度の標識や標示がない一般道路を走る場合の最高速度は、道路交通法施行令で時速60キロと定められている(第3章第11条)。

 ところが実際は、標識や標示によって70キロや80キロに引き上げられている区間がある。「設計速度が時速60キロ以上」「上下線分離」「歩行者・軽車両・原付き自転車は通行止め」などの条件を満たす、自動車の通行機能を重視した構造になっている一部の道路だ。

 そもそも規制速度は指定速度といわれるもので、道交法に基づき、その判断は各都道府県の公安委員会に委ねられている。

 日本で初めて最高速度を80キロに引き上げたのは栃木県だった。2005年11月8日14時から宇都宮市の国道119号(宇都宮北道路)の一部、7.7キロの区間が60キロ→80キロになった。その理由は……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事