• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三船・高橋は裁判へ…「モラハラは何がアウト?」の最新事情

 パワハラは、上司などが優越的な立場を使って難しい仕事を命じることなどだが、逆に本人の能力からすると〈簡単すぎる仕事をさせる〉とモラハラになる。また、職場の仲間に向かって〈ため息をつく〉〈無視する〉のもアウト。最近は便利だからといって〈メモやメール、LINEなどだけで意思を伝える〉上司は多いが、命令や指示はちゃんと話して伝えないとモラハラになる恐れがある。〈宗教、政治信条を揶揄〉〈マルチ商法をしつこく勧める〉〈アイツは変わり者だ〉と言うのも完全なモラハラだ。

「〈口臭〉や〈体臭〉がひどいのもモラハラに該当する可能性があります。きちんと口臭ケアをしていないと、同僚の仕事に影響を及ぼす、モラルを欠いた行動と取られます」(長谷川氏)

 中年になると、前日にギョーザなどを食べていなくても口が臭い。これは気を付けたいところだ。また、数メートル先まで匂う〈香水〉〈柔軟剤〉もモラハラになりかねないという。

 昨年11月、職場の同僚女性に「ブタ」「ほんまに臭いわ。何食べて毎日臭いねん」と暴言を吐き続けた60代女性に大阪地裁が165万円の支払いを命じている。

 冗談のつもりでも、「ハゲ」「デブ」も言い続けていたら訴えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る