アデランスは相場4倍で和解 セクハラ代償1億円時代へ

公開日:  更新日:

 もう魔が差したなんて言っていられない。アデランスの男性店長から受けたセクハラでPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症、退職に追い込まれた元従業員の女性が同社に約2700万円の損害賠償を求めた訴訟は、同社が女性に解決金1300万円を支払うことで和解した。
 セクハラ訴訟の賠償額は100万~300万円が相場だったが、女性の苦痛を考えれば少ないといわれていた。賠償が高額化していたのは事実だが、一気のアップはすごい。しかも、和解金の半分は男性の負担だ。

 ブラック企業アナリストの新田龍氏が言う。
「これまで弁護士と共同で、セクハラやパワハラの被害者の救済に努めてきましたが、男性に半分の負担を求めている上、男性の勤務地を女性の居住エリアから遠ざけるよう求めているのが画期的です。同様の裁判で、このような判決はあまり例がなく、男性にとってはかなり厳しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る