「君ならできる」も? パワハラ“アウト”と“セーフ”の境界線

公開日: 更新日:

 「しっかりやれよ!」「何やってんだよ!」。指導や注意のつもりで言った言葉が「パワハラ」認定――。「俺の若い頃は当たり前だった」「それくらいでくじけるなんて」と思っても、厚生労働省がパワハラの定義づけをしているご時世、それは通らない。では一体、何がアウトで何がセーフなのか。

「パワハラとは、一言でいえば、権限を利用して精神的・身体的苦痛を与えること。厚労省では(1)身体的攻撃(2)精神的攻撃(3)人間関係の切り離し(4)過大な要求(5)過小な要求(6)個への侵害の6パターンの行為を挙げています。殴る、蹴るなど暴力がパワハラなのはもちろんですが、はた目にも分かりやすいので問題になりやすい。むしろ気を付けたいのは、第三者から見て分かりにくいケース。加害者に自覚がないことも多いので、厄介です」

 こう言うのは、「いじめ・メンタルヘルス労働者支援センター」の千葉茂代表だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る