• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

被害件数3・7倍増 なりすまし「偽通販サイト」の見破り方

 拡大する日本の通信販売市場。13年度の総売上高は前年比8.3%増の5兆8600億円で、15年連続の増加。10年後には国内スーパーの売り上げ13兆207億円(2014年)を追い抜くという予測もあるが、それとともに偽サイトによるトラブルも急増中だ。

 まずは写真を見てもらいたい。何の変哲もない大手家電量販店のオンラインショップのサイトに見える。

 ところが、どっこい。これは「なりすまし」と呼ばれる偽サイトだ。社名やロゴはうり二つ……というか、まったく一緒。これだけ完全コピーするとは、大胆にもほどがある。被害に遭った家電量販店はHP上で注意喚起しているが、取り締まっても、明日には別の会社の偽サイトが登場するイタチゴッコだ。

 日本通信販売協会によると、なりすましを含む「詐欺的サイト」の相談件数は、11年262件、12年1036件、そして13年は3829件(前年比3.7倍)へと激増している。泣き寝入りしている人の数の方が圧倒的に多いのが現実で、数字は氷山の一角だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る