被害件数3・7倍増 なりすまし「偽通販サイト」の見破り方

公開日:  更新日:

 拡大する日本の通信販売市場。13年度の総売上高は前年比8.3%増の5兆8600億円で、15年連続の増加。10年後には国内スーパーの売り上げ13兆207億円(2014年)を追い抜くという予測もあるが、それとともに偽サイトによるトラブルも急増中だ。

 まずは写真を見てもらいたい。何の変哲もない大手家電量販店のオンラインショップのサイトに見える。

 ところが、どっこい。これは「なりすまし」と呼ばれる偽サイトだ。社名やロゴはうり二つ……というか、まったく一緒。これだけ完全コピーするとは、大胆にもほどがある。被害に遭った家電量販店はHP上で注意喚起しているが、取り締まっても、明日には別の会社の偽サイトが登場するイタチゴッコだ。

 日本通信販売協会によると、なりすましを含む「詐欺的サイト」の相談件数は、11年262件、12年1036件、そして13年は3829件(前年比3.7倍)へと激増している。泣き寝入りしている人の数の方が圧倒的に多いのが現実で、数字は氷山の一角だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る