タワーは逃げ場なし 外国人集う神社仏閣もテロ標的になる

公開日:  更新日:

 テロリストは必ず最大限の「宣伝効果」を狙って凶行に及ぶ。命を投げ出す覚悟と引き換えに、テロの脅威を世界中に見せつける。日本国内のどこにテロを仕掛ければ国際社会の注目を集めることができるか。そうした視点でターゲットを絞ってくるとみるべきだ。

「標的は日本人だけではない。多くの外国人が集まる施設は警戒が必要です。より多くの国の人々をテロに巻き込めば、被害者の母国でもその脅威は大々的に報じられるでしょう。それだけテロ集団は自らの主張を国際的にアピールできるという発想です。しかも、イスラム国には数多くの欧州・アジア出身者が参加しているとされます。彼らが日本に入国してテロを決行する場合、多くの外国人が出入りする施設ほど不審者と疑われるリスクを回避できます」(軍事評論家の世良光弘氏)

 海外でもテロ事件が多発しているホテルは格好のターゲットだ。特に海外VIPが宿泊するような名門ホテルほど“宣伝効果”は大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る