• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タワーは逃げ場なし 外国人集う神社仏閣もテロ標的になる

 テロリストは必ず最大限の「宣伝効果」を狙って凶行に及ぶ。命を投げ出す覚悟と引き換えに、テロの脅威を世界中に見せつける。日本国内のどこにテロを仕掛ければ国際社会の注目を集めることができるか。そうした視点でターゲットを絞ってくるとみるべきだ。

「標的は日本人だけではない。多くの外国人が集まる施設は警戒が必要です。より多くの国の人々をテロに巻き込めば、被害者の母国でもその脅威は大々的に報じられるでしょう。それだけテロ集団は自らの主張を国際的にアピールできるという発想です。しかも、イスラム国には数多くの欧州・アジア出身者が参加しているとされます。彼らが日本に入国してテロを決行する場合、多くの外国人が出入りする施設ほど不審者と疑われるリスクを回避できます」(軍事評論家の世良光弘氏)

 海外でもテロ事件が多発しているホテルは格好のターゲットだ。特に海外VIPが宿泊するような名門ホテルほど“宣伝効果”は大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

もっと見る