実戦経験なし 唯一の“専門特殊部隊”は重要施設を守れるのか

公開日:  更新日:

 首相官邸や官公庁、原発など国内の重要施設をテロリストが襲撃し、人質を取って立てこもった場合、誰が救出に向かうのか。テロ組織が爆弾や化学兵器を所持していれば、日本の警察組織だけで事態を収束させるのは困難だろう。

 実はそんな有事に備えた部隊が自衛隊に存在する。陸自の習志野駐屯地に本部を置く「特殊作戦群」だ。04年に米陸軍の「グリーンベレー」「デルタフォース」などを参考に発足した、日本初にして唯一の対テロ専門の特殊部隊である。

 空挺・レンジャー資格を有する陸自隊員のうち、知力・体力・精神力に優れた300人の最精鋭を揃えたという触れ込みだ。

「訓練内容や装備品などは一切、非公開。陸自の式典など公の場では、テロ組織への“面割れ”を防ぐため、隊員は常に黒覆面姿で現れます」(陸自関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る