虐待で改善勧告 急増する「悪質高齢者マンション」見分け方

公開日: 更新日:

 高齢者を虐待していたとして、東京都北区の高齢者向けマンション3棟が17日、都の改善勧告を受けたが、やっていたことがひどい。

 このマンションに派遣されていた介護ヘルパーたちが、入居していた高齢者20人に対し、ベルトなどで胴体や腕をベッドに固定するなどの身体拘束を日常的に行っていた。外側から鍵をかけて自由に出入りできないようにもしていたというから、まるで“牢獄”だ。
 他に76人の高齢者が虐待を受けていた可能性があるという。

 このマンションは有料老人ホームとしての届け出をしておらず、行政指導の対象にはなっていなかった。あくまで高齢者向けの賃貸マンションで、提携している診療所や事業所から医師やヘルパーが派遣されるという体裁を取っていた。問題は、こうした“無届け”の「高齢者マンション」の世話にならざるを得ない老人が大勢いることだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る