点検は申告任せ…札幌・看板落下 事故責任は誰が負う?

公開日: 更新日:

「札幌かに本家札幌駅前本店」の看板が落下し、21歳の女性が重体になっている事故。看板の根元部分が腐食していたというから、人災の疑いが濃厚だ。落下物では10日に新宿・歌舞伎町の雑居ビルの外壁が剥がれ落ちる事故も起きている。

 気になるのは看板や外壁の点検だ。国土交通省によると、看板は屋外広告物条例や建築基準法の適用を受け、各自治体が管轄している。東京都では看板はビル所有者などが2年ごとに市区町村に申請を出し、許可をもらうことになっている。その際、「取り付け部分が変形、または腐食していないか」など6項目について点検し報告するが、あくまで自己申告にすぎない。

 外壁については、事故があった新宿区によると、建築基準法に基づいてビル所有者に対し、3年ごとに目視による点検、10年ごとに棒などで叩いて調べる“打検”を呼びかけているという。区による立ち入り検査はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る