点検は申告任せ…札幌・看板落下 事故責任は誰が負う?

公開日: 更新日:

「札幌かに本家札幌駅前本店」の看板が落下し、21歳の女性が重体になっている事故。看板の根元部分が腐食していたというから、人災の疑いが濃厚だ。落下物では10日に新宿・歌舞伎町の雑居ビルの外壁が剥がれ落ちる事故も起きている。

 気になるのは看板や外壁の点検だ。国土交通省によると、看板は屋外広告物条例や建築基準法の適用を受け、各自治体が管轄している。東京都では看板はビル所有者などが2年ごとに市区町村に申請を出し、許可をもらうことになっている。その際、「取り付け部分が変形、または腐食していないか」など6項目について点検し報告するが、あくまで自己申告にすぎない。

 外壁については、事故があった新宿区によると、建築基準法に基づいてビル所有者に対し、3年ごとに目視による点検、10年ごとに棒などで叩いて調べる“打検”を呼びかけているという。区による立ち入り検査はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る