物件を見る前に大家さんを知る 部屋探しは“逆転”の発想で

公開日: 更新日:

 阿部サダヲ(千葉県)、タモリ(福岡県)、具志堅用高(沖縄県)、所ジョージ(埼玉県)、尾木直樹(滋賀県)――これら5人は、不動産・住宅サイト「SUUMO」が5県の賃貸住宅に住む20~59歳の男女約1500人に調査した〈マンションの大家さんだったらうれしい芸能人〉で、1位に輝いた面々だ。

 親しみが持てる人や明るくて面白そうな人が選ばれたようだが、現実はそう簡単ではない。インターネットやスマホアプリの普及で部屋探しがどんなに便利になっても、大家さんのことまでは不動産屋で調べてもなかなか分からないもの。「物件は気に入ったのに、大家さんが気難しそうで……」と、賃貸契約に二の足踏んでしまうケース、意外多いのだ。

 こんな悩みに対して、仲介手数料無料の賃貸物件情報サイト「ウチコミ!」が、ユニークなサービスを始め、話題になっている。その名も「大家サーチ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    阪神藤浪は0勝で25%減更改 現役ドラフト導入なら1位指名

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る