物件を見る前に大家さんを知る 部屋探しは“逆転”の発想で

公開日:  更新日:

 阿部サダヲ(千葉県)、タモリ(福岡県)、具志堅用高(沖縄県)、所ジョージ(埼玉県)、尾木直樹(滋賀県)――これら5人は、不動産・住宅サイト「SUUMO」が5県の賃貸住宅に住む20~59歳の男女約1500人に調査した〈マンションの大家さんだったらうれしい芸能人〉で、1位に輝いた面々だ。

 親しみが持てる人や明るくて面白そうな人が選ばれたようだが、現実はそう簡単ではない。インターネットやスマホアプリの普及で部屋探しがどんなに便利になっても、大家さんのことまでは不動産屋で調べてもなかなか分からないもの。「物件は気に入ったのに、大家さんが気難しそうで……」と、賃貸契約に二の足踏んでしまうケース、意外多いのだ。

 こんな悩みに対して、仲介手数料無料の賃貸物件情報サイト「ウチコミ!」が、ユニークなサービスを始め、話題になっている。その名も「大家サーチ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る