物件を見る前に大家さんを知る 部屋探しは“逆転”の発想で

公開日:  更新日:

 阿部サダヲ(千葉県)、タモリ(福岡県)、具志堅用高(沖縄県)、所ジョージ(埼玉県)、尾木直樹(滋賀県)――これら5人は、不動産・住宅サイト「SUUMO」が5県の賃貸住宅に住む20~59歳の男女約1500人に調査した〈マンションの大家さんだったらうれしい芸能人〉で、1位に輝いた面々だ。

 親しみが持てる人や明るくて面白そうな人が選ばれたようだが、現実はそう簡単ではない。インターネットやスマホアプリの普及で部屋探しがどんなに便利になっても、大家さんのことまでは不動産屋で調べてもなかなか分からないもの。「物件は気に入ったのに、大家さんが気難しそうで……」と、賃貸契約に二の足踏んでしまうケース、意外多いのだ。

 こんな悩みに対して、仲介手数料無料の賃貸物件情報サイト「ウチコミ!」が、ユニークなサービスを始め、話題になっている。その名も「大家サーチ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る