• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一家の大黒柱で家事完璧 学ぶべきはピケティよりミキティ

 トマ・ピケティ氏(43)のウリは「世襲資本主義の否定」だが、著書「21世紀の資本」(みすず書房)をちゃんと読むには、マルサスやヤング、リカードなどの経済理論も理解していなければ歯が立たない。著書は本文だけで608ページもあり、価格も5940円(税込み)と高額。ならば、一般サラリーマンはピケティよりミキティの“良妻理論”の方を参考にすべきではないか。

 第2子を妊娠中(4カ月)のミキティことタレントの藤本美貴(29)。夫の庄司智春(39)は吉本興業のお笑い芸人だ。ちょっと不甲斐ない旦那を支えるため、ママタレとしてけなげに働く良妻のイメージが強い。彼女は「子どもは3人」を希望しており、昨今の「子どもはつくらない」という女性たちとも一線を画している。

 そんなミキティは1985年、北海道滝川市生まれ。17歳で裸一貫で上京し、03年にモーニング娘。の一員になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る