印象バッチリ、アピール効果絶大「2枚目名刺」の作り方

公開日: 更新日:

「2枚目名刺」を持つサラリーマンが増えている。本業とは別の趣味や資格を明記した名刺を作製することで、「仕事の幅が広がった」「飲み会でモテた」なんて声も上がっている。特にビジネスの場というより、起業や趣味の交流会などでの初対面の名刺交換で効果を発揮している。

「24人に1人 渡すだけで仕事が取れる『絶対受注名刺』」(ハギジン出版)の著者の福田剛大氏が言う。

「起業や趣味の交流の場では、会社の名刺では『会社名』や『肩書』で判断されがちで、パーソナルな部分は伝わらない。むしろ、趣味なら趣味に特化した名刺の方が相手に与える印象が強いし、話も弾みます。例えばラーメン好きなら、『ラーメン評論家』と名乗ってください。裏面に『何杯食べたか』『マイベストラーメン』なども入れる。初対面で、長い自己アピールは敬遠する人もいますから、名刺に入れるのは効果的なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    NHKに焦り?22年前期朝ドラ「ちむどんどん」早すぎる発表

  10. 10

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

もっと見る