印象バッチリ、アピール効果絶大「2枚目名刺」の作り方

公開日: 更新日:

「2枚目名刺」を持つサラリーマンが増えている。本業とは別の趣味や資格を明記した名刺を作製することで、「仕事の幅が広がった」「飲み会でモテた」なんて声も上がっている。特にビジネスの場というより、起業や趣味の交流会などでの初対面の名刺交換で効果を発揮している。

「24人に1人 渡すだけで仕事が取れる『絶対受注名刺』」(ハギジン出版)の著者の福田剛大氏が言う。

「起業や趣味の交流の場では、会社の名刺では『会社名』や『肩書』で判断されがちで、パーソナルな部分は伝わらない。むしろ、趣味なら趣味に特化した名刺の方が相手に与える印象が強いし、話も弾みます。例えばラーメン好きなら、『ラーメン評論家』と名乗ってください。裏面に『何杯食べたか』『マイベストラーメン』なども入れる。初対面で、長い自己アピールは敬遠する人もいますから、名刺に入れるのは効果的なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る