印象バッチリ、アピール効果絶大「2枚目名刺」の作り方

公開日: 更新日:

「2枚目名刺」を持つサラリーマンが増えている。本業とは別の趣味や資格を明記した名刺を作製することで、「仕事の幅が広がった」「飲み会でモテた」なんて声も上がっている。特にビジネスの場というより、起業や趣味の交流会などでの初対面の名刺交換で効果を発揮している。

「24人に1人 渡すだけで仕事が取れる『絶対受注名刺』」(ハギジン出版)の著者の福田剛大氏が言う。

「起業や趣味の交流の場では、会社の名刺では『会社名』や『肩書』で判断されがちで、パーソナルな部分は伝わらない。むしろ、趣味なら趣味に特化した名刺の方が相手に与える印象が強いし、話も弾みます。例えばラーメン好きなら、『ラーメン評論家』と名乗ってください。裏面に『何杯食べたか』『マイベストラーメン』なども入れる。初対面で、長い自己アピールは敬遠する人もいますから、名刺に入れるのは効果的なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る