「爪切り」の人気は硬い爪も軽い力でしっかり切れる中価格帯

公開日:  更新日:

 手の爪は1カ月に約3ミリ伸びるといわれている。足の爪は2カ月で同じくらい伸びるから、定期的に手入れしたい。男性の爪切り需要が多いという東急ハンズ渋谷店の売れ筋は?

「1番は、月平均13個の売り上げがある『匠の技G―1112 キャッチャーつめきりL』(グリーンベル・2000円=税別)です。グッドデザイン賞を受賞した滑らかで高級感のあるオール金属の見た目と、扱いやすい大きさが男性には魅力のようです」(営業管理課の木村隆利さん)

 雑誌やネットの口コミを見て“指名買い”する人が多いとのこと。男性の爪は硬く分厚い。小さい爪切りより大きい方がテコの原理で軽く切れるのだ。

 また「日本製」という一文字で海外の観光客にも人気がある。

「2番の『匠の技G―1025 ニッパーつめきり』(グリーンベル・2500円=同)は、先がとがった鋭利型。ニッパー式はより軽い力で切れるので、巻き爪や変形爪を繊細に少しずつ切るのに適しています。3番の『119ルーペ付ツメキリ』(貝印・900円=同)は、切る部分が約2.5倍の大きさに見えるのが人気の理由です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る