• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

見えないからこそ結束…話題の「暗闇の対話」を体験してみた

 暗い。暗幕をめくった先は、一条の光さえ差さない。目が慣れてきたら……というのも一切ない。頼りになるのは、1本の白杖のみ。視覚障がい者が持つ細い杖だ。

 アテンド役の女性の声がする方へ、すり足で向かう。実は、このアテンドは全員が視覚障がいのある人たちである。あえて健常者と呼ぶが、目の見える我々はここではまったくの役立たずで、彼らこそエキスパートだ。

 ダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID)とは、〈暗闇の対話〉のこと。制約のある不自由な環境に身を置くことで、コミュニケーションや共同作業の大切さを学ぼうとする試みである。

 この日のアテンドは「ハチ」が愛称の女性。ここではすべての参加者がニックネームで呼び合う。7~8人でチームを組み(私の回は男性3人、女性4人)、声を掛け合いながら先へ進む。「しゃがみま~す」「立ちます」「ここに段差があります」と呼びかけながら、時に手をつないで歩く。顔が見えないから職場のような上下関係はなく、年齢すら意味を持たない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る