元夜型サラリーマンが説く「朝4時起き」生活のメリット

公開日:  更新日:

 給料が上がらない、上司の評価が低い、妻はオレの苦労を理解してくれない――。その原因が時間の使い方にあるとしたらどうか。朝4時起きに変え、ごく普通のサラリーマンから企業経営者になった小川晋平氏(「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか」の著者)の実践記を紹介しよう。

 前夜の残業の疲れを残したまま始業ギリギリに出社。当然、午前中はエンジンがかからず、そのシワ寄せで夜遅くまで残業の悪循環……。マーケティング会社「セイバーズ」代表の小川氏も、4年前まではそんなごく普通のサラリーマンだった。

「4年前までシステムエンジニアをしていて、就寝は深夜2時という完全な夜型人間でした。起きるのは、始業の40分前。かろうじて寝ぐせを直して近くの会社に駆け込み、昼は居眠りしながら、残業代目当てに毎日23時まで仕事していました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る