元夜型サラリーマンが説く「朝4時起き」生活のメリット

公開日:  更新日:

 給料が上がらない、上司の評価が低い、妻はオレの苦労を理解してくれない――。その原因が時間の使い方にあるとしたらどうか。朝4時起きに変え、ごく普通のサラリーマンから企業経営者になった小川晋平氏(「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか」の著者)の実践記を紹介しよう。

 前夜の残業の疲れを残したまま始業ギリギリに出社。当然、午前中はエンジンがかからず、そのシワ寄せで夜遅くまで残業の悪循環……。マーケティング会社「セイバーズ」代表の小川氏も、4年前まではそんなごく普通のサラリーマンだった。

「4年前までシステムエンジニアをしていて、就寝は深夜2時という完全な夜型人間でした。起きるのは、始業の40分前。かろうじて寝ぐせを直して近くの会社に駆け込み、昼は居眠りしながら、残業代目当てに毎日23時まで仕事していました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る