元夜型サラリーマンが説く「朝4時起き」生活のメリット

公開日: 更新日:

 給料が上がらない、上司の評価が低い、妻はオレの苦労を理解してくれない――。その原因が時間の使い方にあるとしたらどうか。朝4時起きに変え、ごく普通のサラリーマンから企業経営者になった小川晋平氏(「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか」の著者)の実践記を紹介しよう。

 前夜の残業の疲れを残したまま始業ギリギリに出社。当然、午前中はエンジンがかからず、そのシワ寄せで夜遅くまで残業の悪循環……。マーケティング会社「セイバーズ」代表の小川氏も、4年前まではそんなごく普通のサラリーマンだった。

「4年前までシステムエンジニアをしていて、就寝は深夜2時という完全な夜型人間でした。起きるのは、始業の40分前。かろうじて寝ぐせを直して近くの会社に駆け込み、昼は居眠りしながら、残業代目当てに毎日23時まで仕事していました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る