• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

町工場職人“逆転の発想”が生んだ「バネでアクセサリー」

 精密バネをつくる五光発條(横浜市瀬谷区)は1971年に横浜市で創業。主に家電や精密機器の部品を作り続けてきたが、国内生産の減少で厳しい環境が続いた。その逆境をはね返そうと、低コストのタイ、ベトナム、インドネシアに進出。さらに、日本の職人の匠の技術を生かすため、バネを使った玩具やアクセサリーなど新たな商品開発も手掛けた。3代目社長の村井秀敏さん(43)は「100年先もバネを作り続ける」と頑固な職人気質を見せる。

「当社は主に線径2ミリ以下の精密バネを製造していますが、例えばフィルムカメラでは30~40点使われていたバネが、デジタルに替わって15点ほどに減ってしまいました。さらに最近は、携帯電話の内蔵カメラで事足りますので、売り上げはさらに落ち込みました」

 そこで考えたのが、ユニークな戦略だ。異業種参入やM&Aなどによる経営多角化ではなく、あえて「バネ作りの原点に戻ろう」という逆転の発想だった。売り上げが落ち込んでいるのに、商品をバネに特化。すると、自動車向けのバネが当たり、14年2月期には国内外で約20億円の売上高にまで成長した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る