ミラノ“食の万博”で大人気 名古屋ファミレス一人勝ちの理由

公開日:  更新日:

 ミラノ万博(イタリア)で珍事発生だ。「地球に食料を、生命にエネルギーを」とのテーマを掲げる万博は今月1日に開幕。万博が「食」をテーマにするのは初めてのことで、話題を呼んでいる。

 日本も「和食」のアピールのため、京懐石の「美濃吉」や、すき焼きの老舗「柿安」といった高級店が日本館に出店している。ところが、高級店には、客が集まらず、なぜか愛知県を中心に和食ファミレスを展開する「サガミチェーン」が手掛けるそば屋に客が殺到しているのだ。

 他店がフードコート内にブースを構える中、唯一、店舗を展開する美濃吉の広報担当者はこう話す。

「私たちが出している店は完全予約制ですが、現在は当日予約も可能です。現地の方たちは、夕食の時間が7~8時と比較的遅いようで、夕方の5~6時は空席が出ることもあるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る