大山のぶ代さんは認知症に…脳トレゲーム「予防効果」なし?

公開日:  更新日:

 認知症に効果があるとされ、一大ブームを起こした脳トレが再ブームの兆しだが、気になるのが「ドラえもん」の声、大山のぶ代さんのことだ。

 先日、認知症での闘病生活が明らかになったが、大山さんはブロック崩しゲーム「アルカノイド」(タイトー)が得意で、テレビ番組で紹介されるほどの腕前だった。何でも公式2位に匹敵する自己記録があるというし、大の料理好きとしても知られ、著書も20冊以上ある。

 ブロック崩しやパズルゲームは脳を活性化させるとして“脳トレ”系ゲームに取り入れられているし、料理など手先を使う作業は認知症予防効果があるとされる。それだけに関係者はショックを受けている。

 大山さんは2008年に心筋梗塞、脳梗塞を発症した。それが影響したのだろうか。高血圧、動脈硬化、糖尿病患者はリスクが高いことは分かっているからだ。神経内科が専門の医師・米山公啓氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る