大山のぶ代さんは認知症に…脳トレゲーム「予防効果」なし?

公開日: 更新日:

 認知症に効果があるとされ、一大ブームを起こした脳トレが再ブームの兆しだが、気になるのが「ドラえもん」の声、大山のぶ代さんのことだ。

 先日、認知症での闘病生活が明らかになったが、大山さんはブロック崩しゲーム「アルカノイド」(タイトー)が得意で、テレビ番組で紹介されるほどの腕前だった。何でも公式2位に匹敵する自己記録があるというし、大の料理好きとしても知られ、著書も20冊以上ある。

 ブロック崩しやパズルゲームは脳を活性化させるとして“脳トレ”系ゲームに取り入れられているし、料理など手先を使う作業は認知症予防効果があるとされる。それだけに関係者はショックを受けている。

 大山さんは2008年に心筋梗塞、脳梗塞を発症した。それが影響したのだろうか。高血圧動脈硬化糖尿病患者はリスクが高いことは分かっているからだ。神経内科が専門の医師・米山公啓氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る