“駅長”が迎えてくれる<祐天寺>

公開日:  更新日:

「商店街が充実していて、家賃が安く、住みやすい街だった」

 25年前、学生時代に住んでいたという友人。久しぶりの感想を聞くと、「こんなにオシャレな店はなかったけど、住みやすい雰囲気は変わっていない。商店街がやっぱりいいね」。確かに、ハンペンなどおでんの手作り具材を売る店や、米屋、調味料などいろいろそろっているよろず屋など、個人経営の店がいい味を出している。

「温かな街ですよ。本当にのどかです」と話すのは、鉄道と旅行を愛する人がひっきりなしに訪れるカレー専門店「ナイアガラ」の“駅長”内藤博敏さん(写真)。ナイアガラには鉄道関連グッズが店一面に飾られ、カレーは機関車に乗って運ばれてくる。くだんの友人は「“家のカレー”が理想の自分には、ここのカレーが一番。学生時代何度も食べた」とコールスロー、スープ、カレーを大絶賛。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る