“駅長”が迎えてくれる<祐天寺>

公開日:  更新日:

「商店街が充実していて、家賃が安く、住みやすい街だった」

 25年前、学生時代に住んでいたという友人。久しぶりの感想を聞くと、「こんなにオシャレな店はなかったけど、住みやすい雰囲気は変わっていない。商店街がやっぱりいいね」。確かに、ハンペンなどおでんの手作り具材を売る店や、米屋、調味料などいろいろそろっているよろず屋など、個人経営の店がいい味を出している。

「温かな街ですよ。本当にのどかです」と話すのは、鉄道と旅行を愛する人がひっきりなしに訪れるカレー専門店「ナイアガラ」の“駅長”内藤博敏さん(写真)。ナイアガラには鉄道関連グッズが店一面に飾られ、カレーは機関車に乗って運ばれてくる。くだんの友人は「“家のカレー”が理想の自分には、ここのカレーが一番。学生時代何度も食べた」とコールスロー、スープ、カレーを大絶賛。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る