あの“南”との出合いで舞い上がった<笹塚 十号通り商店街>

公開日:  更新日:

 戦後から笹塚で「タコ吸い」を作り続ける町田製薬の工場を見学させてもらった後、駅前に戻った。

 何年か前まで、いぶし銀の喫茶店やおしゃべりなオバチャンがいい味のお好み焼き屋などナイスな店が軒を連ねていたが、建物ごと撤去。長い工事期間を経て、4月1日にオープンしたのが商業施設「フレンテ笹塚」だ。昔の笹塚を知っている身には寂しい変貌ぶりだったが、甲州街道を渡り、十号通り商店街へ入ると、昔なじみの店ばかりで、「笹塚はやっぱりいいなぁ」と思わず独り言。

 十号通り商店街は観光客が遠くから来る有名商店街じゃないからこそ、いい。どの時間帯に行っても、地元民で活気がある。個人営業の八百屋、魚屋が数軒あり、並んでいる商品は新鮮ツヤツヤだ。特に商店街から右手に入った“まるで市場”の魚屋「石川商店」は、プロも買いに来るという店。行くとだれもがきっと、「地元に欲しい」と思う店だ。その手前にはかつて超絶品のカレー屋があったが、ある事情で閉店。あの甘辛ポークカレーとサラダのドレッシングにまた合いたいなぁ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る