マンハッタンに似てる?<佃大橋~勝鬨橋>

公開日:  更新日:

 聖路加ガーデンの2階から外に出ると、視界がパーッと広がった。

 目の前に隅田川。ここから勝鬨橋まで、隅田川に沿って歩こう。気温は高いが湿度はそれほどでもない今の季節、最高に気持ちいい。

 隅田川に下りていく階段には、男女交じった十数人の高齢者グループが座り、キャッキャと声を上げていた。「これ、どう?」「あら~おいしいわ~」と渡し渡されているのは、見たところ「塩瀬総本家」の看板商品「志ほせ饅頭」。この場所から歩いて数分のところに本店があるので、購入してきたのだろう。

 目の前を遊覧船が通り過ぎる。数が出ているようで、何度も通り過ぎる。デッキの人がこちらに向かって手を振ると、高齢者グループも元気いっぱいに返す。

 佃大橋から勝鬨橋まで、隅田川に近づいたり離れたりしながら歩いていくと、殿中・松の廊下で吉良上野介を斬りつけ、その後、切腹、お家断絶になった浅野内匠頭長矩の江戸本邸跡や、江戸時代にドイツの医学書を日本語で訳した「解体新書」が完成した場所、そして「運上所跡」を見つけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る