• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タコ吸いに100年の歴史を見た<笹塚・観音通り商店街側>

 笹塚を離れて4年。10年以上住んでいた思い入れの強い地域だが、意外に気づいていないことがたくさんあるのだと、改めて認識した。

 珍獣います、というペットショップ。店内はとても狭いが、モモンガ、コウモリ、熱帯魚、爬虫(はちゅう)類など、多種多様な動物がいた。平日の昼下がり、ふたりの男性客が熱心に動物を見ていた。

「オープンしたばかりですか?」

「いえ、以前は別の地でやっていましたが、ここに移って7年目です」

 笹塚のことは大抵知っていると思っていた自分が恥ずかしい。しかも店があるのは、かつての私の家のすぐ近く。モモちゃん(モモンガの赤ちゃん)が愛らしく、すぐにでも連れて帰りたくなった。

 小川に沿って歩くと、「タコ吸い」の看板。この看板の存在は知っていたが、「たこの吸出し」という商品を100年前から扱う、大正2年創業の「町田製薬」とは知らなかった。別の場所に会社があったが、戦争で焼けてしまい、戦後、笹塚に移ってきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る