• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タコ吸いに100年の歴史を見た<笹塚・観音通り商店街側>

 笹塚を離れて4年。10年以上住んでいた思い入れの強い地域だが、意外に気づいていないことがたくさんあるのだと、改めて認識した。

 珍獣います、というペットショップ。店内はとても狭いが、モモンガ、コウモリ、熱帯魚、爬虫(はちゅう)類など、多種多様な動物がいた。平日の昼下がり、ふたりの男性客が熱心に動物を見ていた。

「オープンしたばかりですか?」

「いえ、以前は別の地でやっていましたが、ここに移って7年目です」

 笹塚のことは大抵知っていると思っていた自分が恥ずかしい。しかも店があるのは、かつての私の家のすぐ近く。モモちゃん(モモンガの赤ちゃん)が愛らしく、すぐにでも連れて帰りたくなった。

 小川に沿って歩くと、「タコ吸い」の看板。この看板の存在は知っていたが、「たこの吸出し」という商品を100年前から扱う、大正2年創業の「町田製薬」とは知らなかった。別の場所に会社があったが、戦争で焼けてしまい、戦後、笹塚に移ってきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る