タコ吸いに100年の歴史を見た<笹塚・観音通り商店街側>

公開日:  更新日:

 笹塚を離れて4年。10年以上住んでいた思い入れの強い地域だが、意外に気づいていないことがたくさんあるのだと、改めて認識した。

 珍獣います、というペットショップ。店内はとても狭いが、モモンガ、コウモリ、熱帯魚、爬虫(はちゅう)類など、多種多様な動物がいた。平日の昼下がり、ふたりの男性客が熱心に動物を見ていた。

「オープンしたばかりですか?」

「いえ、以前は別の地でやっていましたが、ここに移って7年目です」

 笹塚のことは大抵知っていると思っていた自分が恥ずかしい。しかも店があるのは、かつての私の家のすぐ近く。モモちゃん(モモンガの赤ちゃん)が愛らしく、すぐにでも連れて帰りたくなった。

 小川に沿って歩くと、「タコ吸い」の看板。この看板の存在は知っていたが、「たこの吸出し」という商品を100年前から扱う、大正2年創業の「町田製薬」とは知らなかった。別の場所に会社があったが、戦争で焼けてしまい、戦後、笹塚に移ってきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る