• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

木漏れ日がまぶしい浜町緑道<浜町>

 物言わぬ社殿から清正の憤りが伝わってくる。

 都営地下鉄「浜町駅」を降りてすぐ、浜町公園の片隅に加藤清正を祭った「清正公寺」はある。

 公園は、加藤家の改易後に入部した熊本細川家の下屋敷があった場所で、敷地は1万4000坪。下屋敷でこの広さだから、さすがに54万石の大大名だけのことはある。

 加藤家は2代忠広の時代の1632年に改易され、忠広は山形・庄内に1万石の捨て扶持を与えられて移り住んだ。改易の理由については諸説あるが、徳川による豊臣家恩顧大名の粛清の流れだったように思える。ところが、忠広はさしたる不満も持たず、花鳥風月をめでながら52歳の生涯を閉じた。

 清正はさぞ歯ぎしりしたことだろう。一方、ひたすら身を小さくした細川家は家を継承し、幕末の1861年に多少の負い目を感じながら、軍神として「清正公寺」を屋敷内に創建した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る