• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

木漏れ日がまぶしい浜町緑道<浜町>

 物言わぬ社殿から清正の憤りが伝わってくる。

 都営地下鉄「浜町駅」を降りてすぐ、浜町公園の片隅に加藤清正を祭った「清正公寺」はある。

 公園は、加藤家の改易後に入部した熊本細川家の下屋敷があった場所で、敷地は1万4000坪。下屋敷でこの広さだから、さすがに54万石の大大名だけのことはある。

 加藤家は2代忠広の時代の1632年に改易され、忠広は山形・庄内に1万石の捨て扶持を与えられて移り住んだ。改易の理由については諸説あるが、徳川による豊臣家恩顧大名の粛清の流れだったように思える。ところが、忠広はさしたる不満も持たず、花鳥風月をめでながら52歳の生涯を閉じた。

 清正はさぞ歯ぎしりしたことだろう。一方、ひたすら身を小さくした細川家は家を継承し、幕末の1861年に多少の負い目を感じながら、軍神として「清正公寺」を屋敷内に創建した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る