シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

「パパ体形」がトレンドに アメリカで“ぽちゃ男性”人気急上昇

公開日: 更新日:

 薄着になってウエスト回りが気になる男性に耳寄りな情報。アメリカ女性の間で最近、「“パパ体形”がセクシー」と人気急上昇なのです。

 どんな体形か? 「Dad Bod(ダッド・ボッド)」という言葉をブログで初めて世に出した女子大生マッケンジー・ピアソンさんによれば、いわゆる「6パック」(腹筋が6つに割れている鍛え上げられた体形)と、ビール腹のちょうど中間だそうです。セレブでいえば、最近のレオナルド・ディカプリオあたりが「パパ体形」に当たるとか。

 では、なぜ今「パパ体形」なのか? アメリカの独身男性には、せっせとジムに通い、食べ物にも気を使い、お酒も控えてシェイプアップした筋肉質な体をキープしている人が少なくありません。でも、女性から見ると「あまりに体形を気にする男は自己中心的な感じがしてイヤ」「週末には子供の誕生パーティーで一緒にケーキを食べたり、ピザを大食いするような男性の方が好き!」ということらしいのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る