シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米国人の9割経験 同じ言葉グルグル“耳虫”はガムで退治する

公開日:  更新日:

 いつまでも同じ言葉が頭の中をぐるぐる回っている。好きでもないヒット曲が頭の中で流れ続けている……。それを英語では「イヤーワーム」、つまり「耳虫」といいます。これを退治するにはガムを噛めばいいという研究結果が発表され、話題になっています。

 イギリスのレディング大学で行った実験によると、キャッチーで記憶に残りやすい曲を聴いた後にガムを噛んだ人は、その曲のことを思い浮かべる機会が減ったそうです。

 調査によれば、アメリカ人の9割は“耳虫”を経験しているそうで、そのうち15%は「もううんざり」と感じているとか。中には数日間も同じ曲がリピートする重いケースも。

 何かを噛んだりして顎を動かすことで、こうした状況を防げるらしいということは知られていましたが、今回の実験では、それを実証してみせたわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る