横浜グルメに詳しい谷原章介も太鼓判 名物つけ天が人気の老舗「角平」

公開日: 更新日:

 子だくさんで爽やかなイメージが受けて、バラエティーでも大活躍の谷原章介(42)。横浜育ちで地元グルメにも詳しい谷原がグルメ番組で紹介していたのが老舗のそば屋「角平」だ。

 場所は横浜駅東口から5分ほど歩いた大通り沿い。“平沼(地名)の角地にある”というのが店名の由来で、昭和25年の創業以来、地元客を中心に世代を超えて親しまれてきた。

 温かいつけ汁に大きな海老天がど~んと入った豪快なメニュー「つけ天そば」(1210円)がこの店の名物。初代店主が「そばと天ぷらの両方をおいしく味わって欲しい」と考案したものでいわゆる“天せいろ”の発祥ともいわれている。

「初代はとにかくそばが好きでした。もりそばでは物足りないけど、汁に漬かった“天ぷらそば”だと、せっかくのそばの食感も風味も損なわれてしまう。それなら、いっそ汁とそばを別々にしてしまおうと誕生したのがこのつけ天。メニューに加えたら途端に評判になったそうで、今もお客さんの7割がオーダーされます」(店のスタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る