横浜グルメに詳しい谷原章介も太鼓判 名物つけ天が人気の老舗「角平」

公開日:  更新日:

 子だくさんで爽やかなイメージが受けて、バラエティーでも大活躍の谷原章介(42)。横浜育ちで地元グルメにも詳しい谷原がグルメ番組で紹介していたのが老舗のそば屋「角平」だ。

 場所は横浜駅東口から5分ほど歩いた大通り沿い。“平沼(地名)の角地にある”というのが店名の由来で、昭和25年の創業以来、地元客を中心に世代を超えて親しまれてきた。

 温かいつけ汁に大きな海老天がど~んと入った豪快なメニュー「つけ天そば」(1210円)がこの店の名物。初代店主が「そばと天ぷらの両方をおいしく味わって欲しい」と考案したものでいわゆる“天せいろ”の発祥ともいわれている。

「初代はとにかくそばが好きでした。もりそばでは物足りないけど、汁に漬かった“天ぷらそば”だと、せっかくのそばの食感も風味も損なわれてしまう。それなら、いっそ汁とそばを別々にしてしまおうと誕生したのがこのつけ天。メニューに加えたら途端に評判になったそうで、今もお客さんの7割がオーダーされます」(店のスタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る